まちなみシンポジウム
in 大阪

第23回 住生活月間協賛・まちなみシンポジウム

まちなみ・暮らし・環境を次世代へ

このたびの東日本大震災を機に、すべての局面において従来のやり方を検証し、若い世代の参加を含めた日本の再設計が求められています。また、資源保護や長寿社会への対応などの観点から、次代の資産となる住宅ストックやまちなみの継承も重視されています。そこで、未来を担う世代であるこどもたちの希望や成長を育む「まちなみ」や「住まい」の事例を取り上げ、どのような魅力(ビジョン・空間・コミュニティなど)を提唱しているか探求。各分野の専門家により、若い世代を惹き付け、活性化につながる手法について議論を深めます。
●〈第1部〉基調講演
「こどもの目線で考えるまち」
講師:上田 信行氏(同志社女子大学現代社会学部現代こども学科 教授)
特別ゲスト:川本 誓文氏(大阪府産業デザインセンター 主任研究員)

●〈第2部〉パネルディスカッション
「まちなみ・暮らし・環境を次世代へ」
モデレーター:加茂 みどり氏(大阪ガス(株)エネルギー・文化研究所 主席研究員)
パネリスト: 上田 信行氏(同志社女子大学 現代社会学部 現代こども学科 教授)
千田 二郎氏(同志社大学 理工学部エネルギー機械工学科 教授)
六波羅 雅一氏(六波羅真建築研究室 代表)

今テーマの基調講演、パネルディスカッションの詳しい内容はこちら↓↓↓

講師/パネリスト/モデレーター

第1部講師・第2部パネリスト:上田 信行氏 / 同志社女子大学 現代社会学部 現代こども学科 教授
ハーバード大学教育大学院修了(Ed.D.)。専門は教育工学。NPO法人キッズデザイン協議会フェロー。人々が「憧れ」に向かって本気で何かに関わっているときの、あのワクワク、ドキドキする心の状態をプレイフルと呼び、この気持ちを触発する場のデザインに取り組んでいる。昨年1年間、MIT Media LabのLifelong Kindergartenグループに加わり、創造的な学びのための学習環境デザインの研究に取り組む。主な著書に『プレイフル・シンキングー仕事を楽しくする思考法』(宣伝会議)などがある。

第1部特別ゲスト:川本 誓文氏 / 大阪府産業デザインセンター 主任研究員
中小企業の商品開発や経営の高度化をデザイン面からサポートする大阪府産業デザインセンターに勤務。NPO法人キッズデザイン協議会・こどもOS研究会の一員として、こどもの振る舞い調査研究活動「プレイフル・デザイン・スタジオ」とデザイン発想手法「こどもOSランゲージ」のとりまとめに参加する。

第2部モデレーター:加茂 みどり氏 / 大阪ガス(株)エネルギー・文化研究所 主任研究員
京都大学大学院工学研究科建築学専攻博士後期課程修了。神戸芸術工科大学、神戸松蔭女子学院大学非常勤講師。実験集合住宅NEXT21の居住実験を担当。少子高齢社会に対応した住まいや住環境、コミュニティーを研究テーマとしている。

第2部パネリスト:千田 二郎氏 / 同志社大学 理工学部 エネルギー機械工学科 教授
同志社大学大学院工学研究科機械工学専攻博士(後期課程)修了。ヤンマーディーゼル(株)研究開発本部技術研究所主任、アメリカ・ウイスコンシン州立大学客員助教授などを経て、現職。専門は噴霧燃焼工学。現在、同志社山手サステイナブル・アーバン・シティ協議会委員長をはじめ、多方面で活躍する。

第2部パネリスト:六波羅 雅一氏 / 六波羅真建築研究室 代表
建築家。2001年設立の空堀商店街界隈長屋再生プロジェクト「からほり倶楽部」代表理事。「からほりまちアート」の開催や、空堀御屋敷再生複合施設「練」の企画・設計・運営などを通じて、空堀の魅力を広く普及。地元住民や地元企業、商店街関係者らと共に続けてきた活動は、今年で10年目に突入する。

期日/会場

期日:平成23年11月21日(月)
会場:大阪国際会議場(グランキューブ大阪)10F・1003会議室(大阪市北区中之島5丁目3番51号)
地図:http://www.gco.co.jp/ja/riyo/access.html

主催/後援

主催:(財)住宅生産振興財団、日本経済新聞社
後援:国土交通省、住宅金融支援機構、都市再生機構

ページ上部へ
戻る