まちなみシンポジウム
in 大阪

第24回 住生活月間協賛・まちなみシンポジウム

低炭素社会に活かす伝統的な日本の暮らし

少子高齢化や欧州経済危機の影響など、わが国の経済はいまだ停滞感に包まれていますが、一方で昨年の東日本大震災の際には、非常事態においても規律を守り、相互扶助に富んだ日本人の姿に、海外から称賛の声が相次ぎました。また、大震災以降の電力不足で節電に取り組んだことがきっかけで、風や光などの自然エネルギーを生活に取り入れ、モノを最後まで大切に使う日本の伝統的な暮らしの良さも見直されました。そこで今回は、日本人の思想・行動・ライフスタイルを育んできた暮らしの知恵や住まい方の工夫などを改めて見出し、これからの住宅や街づくりのあり方について議論します。
●〈第1部〉基調講演
「伝統的な日本の暮らしに学ぶ ~昭和30年代のくらしに学ぶ~」
講師:小泉 和子氏(昭和のくらし博物館 館長)

●〈第2部〉パネルディスカッション
「エネルギーを使わない豊かな暮らしとは」
モデレーター:小原 隆氏(日経BP社『日経ホームビルダー』編集長)
パネリスト: 小泉 和子氏(昭和のくらし博物館 館長)
小玉祐一郎氏(神戸芸術工科大学 教授・建築家)
髙田 光雄氏(京都大学大学院 教授)
浅岡 美恵氏(NPO法人気候ネットワーク代表・弁護士)

今テーマの基調講演、パネルディスカッションの詳しい内容はこちら↓↓↓

講師/パネリスト/モデレーター

第1部講師・第2部パネリスト:小泉 和子(こいずみ かずこ) / 昭和のくらし博物館 館長
1933年東京都生まれ。女子美術大学卒業後、東京大学で工学博士の学位を取得。日本の家具史・生活史を研究。資料館の展示企画や重要文化財建造物の家具などの復元を行う。2007年京都女子大学教授を退官。家具道具室内史学会会長。世界遺産石見銀山重要文化財熊谷家住宅館長。(有)小泉和子生活史研究所代表取締役。著書に「室内と家具の歴史」「箪笥」「昭和のくらし博物館」「船箪笥の研究」ほか多数。

第2部パネリスト:小玉 祐一郎 (こだま ゆういちろう)/ 神戸芸術工科大学 教授・建築家
1946年秋田県生まれ。69年東京工業大学建築学科卒業。76年同大学大学院博士課程修了。同大学助手、建設省建築研究所室長・部長を経て、98年から神戸芸術工科大学教授。(株)エステック計画研究所を主宰。建築におけるパッシブデザイン開発研究とその実践。「つくばの家シリーズ」、「高知の家」、「ベターリビング筑波研究試験センター」などの作品がある。著書に「住まいの中の自然ーパッシブデザインの勧め」(丸善)「パッシブ建築設計手法事典」(彰国社)など多数。

第2部パネリスト:髙田 光雄(たかだ みつお) / 京都大学大学院 教授
1951年京都府生まれ。77年京都大学大学院工学研究科修了、博士(工学)。住まい・まちづくりの実践的研究として、地域居住文化の継承・発展に資する環境配慮型住宅の開発、スケルトン・インフィル方式の既存建築再生への適用、シナリオアプローチによる団地再生手法の開発などに取り組む。都市住宅学会会長。大阪府住宅まちづくり審議会会長。京都府建築審査会会長。日本建築学会賞、都市住宅学会賞など受賞多数。著書に「NEXT21―その設計スピリッツと居住実験10年の全貌―」ほか多数。

第2部パネリスト:浅岡 美恵(あさおか みえ) / NPO法人気候ネットワーク代表・弁護士
1947年徳島県生まれ。70年京都大学法学部卒業。スモンや水俣病裁判、豊田商事事件などの消費者・環境訴訟に関与。2000~02年日弁連消費者問題対策委員会委員長、06年度京都弁護士会会長。気候変動枠組み条約第3回締約国会議のため96年に設立された気候フォーラム事務局長、98年からNPO法人気候ネットワーク代表。中央環境審議会委員、京都府環境審議会委員として環境政策に関与。AVON女性功績賞、男女共同参画社会づくり功労者内閣総理大臣表彰受賞。

第2部デモレーター:小原 隆(おばら たかし) / 日経BP社『日経ホームビルダー』編集長
1965年兵庫県生まれ。神戸大学工学部建築学科卒業後、建設会社を経て、96年日経BP社に入社。「日経アーキテクチュア」「日経コンストラクション」の編集記者、「ケンプラッツ」「日経ホームビルダー」の副編集長を経て、2011年4月から家づくりの実務情報誌「日経ホームビルダー」編集長。

期日/会場

期日:平成24年11月26日(月)
会場:大阪国際会議場(グランキューブ大阪) 10F(1004~7会議室)(大阪市北区中之島5-3-51)
地図:http://www.gco.co.jp/ja/riyo/access.html

主催/後援

主催:(一財)住宅生産振興財団、日本経済新聞社
後援:国土交通省、住宅金融支援機構、都市再生機構、プレハブ建築協会関西支部

ページ上部へ
戻る