まちなみシンポジウム
in 大阪

第27回 住生活月間協賛・まちなみシンポジウム

これから求められるまちづくりのあり方

日本が人口減少時代に突入する中、2013年度の住宅・土地統計調査によると、住宅ストック数は6,063万戸あり、総世帯数5,245万世帯に対して約16%も多くなっています。高度経済成長期以降、日本の都市周辺部につくられた大量のニュータウンでは高齢化が進み、「オールドタウン」化しつつあります。そこで本シンポジウムでは、今後の住宅地開発や人口減少社会におけるまちづくりのあり方について議論を深めたいと存じます。
●〈第1部〉基調講演
(1)「地方創生」の時代のすまい・まちづくり
髙田 昇氏(都市計画家・立命館大学政策科学部 客員教授)

(2)豊かな暮らしとまちなみの創造
佐々木 宏幸氏(明治大学理工学部建築学科 専任准教授・FTS Urban Design代表)

●〈第2部〉パネルディスカッション
モデレーター:藤本 昌也 (建築家・日本建築士会連合会 名誉会長)
パネリスト: 髙田 昇氏(都市計画家・立命館大学政策科学部 客員教授)
佐々木 宏幸氏(明治大学理工学部建築学科 専任准教授・FTS Urban Design代表)

今テーマの基調講演、パネルディスカッションの詳しい内容はこちら↓↓↓

期日/会場

期日:平成27年11月11日(水)
会場:大阪国際会議場10階(1003会議室)(グランキューブ大阪)大阪市北区中之島5-3-51
地図:http://www.gco.co.jp/ja/riyo/access.html

申し込み方法

★参加ご希望の方は郵便番号、住所、氏名、年齢、職業、TELを明記の上、下記財団あてハガキ、FAXまたはEメール(kansai@machinami.or.jp)にてお申込み下さい。先着280名、参加無料、11月に入り、入場券をお送りいたします。

なお、ご記入いただいた個人情報はまちなみシンポジウムの実施以外の目的には使用いたしません。

※参加募集は終了しました。

〒541-0046 大阪市中央区平野町3-3-8 辻梅ビル5F
(一財)住宅生産振興財団 関西事務所 まちなみシンポジウム事務局
  TEL:06-6231-3655 FAX:06-6231-3656 kansai@machinami.or.jp

タイムスケジュール

13:00開場
13:30開演・主催者挨拶
13:35~15:15〈第1部〉基調講演
(1)「地方創生」の時代のすまい・まちづくり
髙田 昇氏(都市計画家・立命館大学政策科学部 客員教授)
(2)豊かな暮らしとまちなみの創造
佐々木 宏幸氏(明治大学理工学部建築学科 専任准教授・FTS Urban Design代表)

15:15~15:25休憩
15:25~16:30〈第2部〉パネルディスカッション
モデレーター:藤本 昌也氏(建築家・日本建築士会連合会 名誉会長)
パネリスト: 髙田 昇氏(都市計画家・立命館大学政策科学部 客員教授)
佐々木 宏幸氏(明治大学理工学部建築学科 専任准教授・FTS Urban Design代表)

主催/後援

主催:(一財)住宅生産振興財団、日本経済新聞社
後援:国土交通省、住宅金融支援機構、都市再生機構、(一社)プレハブ建築協会関西支部

講師/パネリスト/モデレーター

第1部講師:髙田 昇(たかだ すすむ)/ 都市計画家・立命館大学政策科学部 客員教授
大阪市生まれ。神戸大学工学部建築学科卒。1970年COM計画研究所を設立。1990年立命館大学教授に就任、2013年より立命館大学客員教授。地域再生や景観まちづくり、歴史的まちなみの保存・再生など全国のまちづくり事業にプランナー・コンサルタントとして参画し、調査・計画・設計・事業推進にあたる。「滋賀県文化功労賞(2007年)」「緑の都市賞(2006年)」など受賞多数。主な著書に『ライフスタイル・ガーデニング(創元社)』『都市再生・街づくり学(編著・創元社)』『阪神・淡路大震災誌(共著・朝日新聞社)』他。
第2部パネリスト:佐々木 宏幸(ささき ひろゆき)/ 明治大学理工学部建築学科 専任准教授・ FTS Urban Design代表
1985年東京大学工学部建築学科卒業。ゼネコン勤務、ピーター・カルソープ事務所駐在を経て1999年渡米。2001年カリフォルニア大学バークレー校都市地域計画学科修士課程修了。サンフランシスコのアーバンデザイン事務所Freedman Tung + Sasaki共同代表を経て2008年帰国。FTS Urban Design設立・主宰。神戸芸術工科大学准教授を経て、2011年より明治大学准教授。「戦略的アーバンデザインによる都市の再構築」を中心に活動中。一級建築士。米国公認都市計画家(AICP)。博士(芸術工学)。
第2部モデレーター:藤本 昌也(ふじもと まさや)/ 建築家・日本建築士会連合会 名誉会長
1937年旧満州新京生まれ。1962年早稲田大学大学院修士課程修了後、(株)大髙建築設計事務所勤務。1972年(株)現代計画研究所設立。水戸六番池団地を皮切りに、常に地域性を理念として、“<街>づくり・<物>づくり・<生活>づくり”の三つの視点から基本的課題を捉え、それらの課題を総合的に解決できる住まい・まちづくりに取り組んでいる。現在、国土交通大学校講師、国土交通省まちづくり月間協賛「住まいのまちなみコンクール」審査委員会委員長、同「まちづくり標語懸賞募集」標語審査委員会委員、UDCまちの活性化・都市デザイン競技審査委員。
ページ上部へ
戻る